お水の通り道は?

あなたが使っているお水は本当に大丈夫ですか?

このような現象が起きたら要注意!

  • 水道水が美味しくない。
  • 水道水の臭いが気になる、サビくさい。
  • 水道水に色がついている、赤水が出た。

あなたが使っているお水は本当に大丈夫ですか? 水道管も定期的なクリーニングが必要です!

「飲料水を運ぶ水道管だから安全な方法で洗浄したい。また、定期的に水道管をクリーニングするのだから、費用が安く工期も短いほうが良い。」といった三重県に住んでいる皆様のご希望に応えるのが、水道サービス コネクトが手掛けているJAB工法【Jet・Air・Bubble】です。

JAB工法とはコンピューター制御された圧縮空気を継続的に通水状態の水道管内に打ち込むことにより、高速流体を発生させ、その衝撃力と流体通過時に起こる壁面への負圧効果、更に泡が弾ける力を併用する洗浄工法です。

従来の圧縮空気による給水管洗浄工法と大きく異なる点は、コンピュータ制御、この点にあります。単調なワンパターンで圧縮空気を打ち込むのではなく、不規則で多様なパルスパターンをコンピュータ制御して打ち込むこと(特許工法)により、格段に洗浄能力を高めることができました。

これにより一般住宅から公共施設等、大きな建物までの洗浄を可能にし、洗浄時間も従来のものより大幅に短縮されました。

JAB工法【Jet・Air・Bubble】の特徴

  • 薬剤は一切使用せず、安心、安全です。
  • 洗浄時間が短いので、日常生活への影響が最小限です。
  • 仮設等がなく、工事も簡単かつ費用も安く済ませます。
  • 大きな建物から一般住宅まで対応可能です。

JAB洗浄ってどういうもの!?

JAB洗浄のJABとはJet・Air・Bubbleの略で、給水管の内部にコンピューター制御によって圧縮空気を送り込むことで高速流体を発生させ、その衝撃力と高速流体が通過する際に発生する負圧効果を併用することで配管内部に付着している水アカや柔らかい錆を剥離させて洗浄する工法です。

一般家庭から会社事務所、ホテル、店舗など、どんな施設にも給水管があります。きれいな水をきれいなままに安心して使いたいものです。

JAB工法の機械は車の中に搭載され、本体の音・振動も少なく、ご近所の方にも迷惑をおかけしません。圧縮空気の打ち込みを制御するコントロールは打込口の横に配置し、歯切れ良く打ち込まれます。

圧縮空気を量水器もしくは通常の蛇口から打ち込みます。打込口を設ける際、しばらくは水を止めなくてはなりませんが、洗浄中に水を使用したい場合は、すぐに使えますので、遠慮なくおっしゃってください。

打ち込まれた圧縮空気が管内の汚れを落とし、洗い流します。水がきれいになるまで打ち込み続け、全ての給水栓を一つづつ洗っていきます。一般家庭の場合、約3時間が作業の目安です。

水に対する関心が一段と高くなっている現在、良質な水の確保は重要な問題の1つとなっています。しかしながら一般的には供給される水に重点がおかれ、水が汚れてしまう根本の原因である給水管についてはあまり関心が払われていないのが現実と言えます。目に見えない部分の問題だけに、給水管の中がどのように汚れているかということに関しては、大抵気付かずに、あるいは知らずに過ごしてきています。

当社の給水管洗浄JAB工法とは、こうした配管内部の汚れを薬品などは一切使用せず、空気の力だけで手軽にクリーニングする工法です。環境にはもちろんのこと、人体にも影響を与えずに洗浄が行える画期的な工法なのです。

 

 

水道管も洗いましょう。「JAB工法」できれいなお水を
お見積り・お問い合わせはお電話ください

0599-44-2038